YukiのFX相場予測♪

嫌でも成功してしまう言葉の力

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

 

 

皆さんはFXで「勝ちたい」と思っていますか?

 

それとも「勝てる」と思っていますか?

 

この2つの言葉には、心の反応の仕方が大きく違います。

 

言葉で聞くと「あまり差が無い」と思われがちですが、心には大きな差があります。

 

「勝ちたい」という言葉は、「できたら良い」という考え方です。

 

「勝てる」という言葉は、「できる」という考え方です。

 

「できれば成功したいと思っています」「成功できるように努力したいと思います」この様な感じで思っていませんか?

 

「できれば」という言葉の裏には「条件が整ったら・・・」とも受け取れますし、「努力する」という裏には「努力はするけど・・・」とも受け取れます。

 

それぞれ結果が出なかった時の言い訳になってしまいます。

 

そこまで考えていないという方が多いと思いますが、これを無意識でやってしまっている方が怖いです。

 

無意識(潜在意識)が「自信」を持っていないという事にも繋がりますし、「成功できないかも・・・」と少しは思っているから言い訳ができるような言葉選びになってしまっています。

 

客観的に見ると「言い訳ができるような発言」というのは見えやすいですが、主観的になると見えにくいものだと思います。

 

こちらの記事を読めば分かると思いますが自信=結果は「自信」の過大評価、自信と結果は結び付きません。

 

怖がる事は何1つありません。

 

とにかく「成功できる」「FXで勝てる」と言い切る癖を付けて下さい。

 

「もし、できなかったら・・・」なんて考えなくて良いです。

 

がむしゃらで良いです。

 

時間をかければ必ずできます。

 

できなかった所で、変な他言さえしていなければ、今と何1つ変わらないだけなので、恐れる事は何もありません。

 

勝手な想像で「成功をできなかったら・・・」という恐怖心を抱いているだけです。

 

挑戦者なので失敗が怖いのは分かりますが、「失敗した時にどうなるの?」という所まで考えて下さい。

 

お金をあちこちから借りてトレードしている方は、色々恐怖心はあるかもしれません。

 

「借りた時の気持ち」を思い出して下さい。

 

必ず大きな自信があったはずです。

 

それが少しの負けで「現実」を知っただけです。

 

「現実」を知れたという事は、自分がどこまで変わらなければいけないのか?というのも分かると思います。

 

負けて落ち込んでいるだけの人に成功は難しいです。

 

何でも「できる」と言い切れる人になって下さい。

 

必ず心に反応が起き、使命感を持ち、嫌でも成功してしまいます。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

Comment

  1. Kaneko より:

    おめでとうございます!
    今回も心に沁みます、本年も配信楽しみにしております。
    勝ちたいと思って資金を溶かし、でも、勝てている人が居るなら出来るはずだと思って、間もなく2年経ちます。
    今年は勝てると思っています。(今のところ)
    もうひと超えで墓穴を掘る悪い癖を、腹六分で取るように変えて実績が好転するようになりました。
    聖杯は手法ではなく悪い癖を減らすことで微差が大差になって行くことに有るようです。
    EURUSD専門ですが年末から売り玉を抱えて腹六分が出来ず持ち越してしまいました、今朝の欧州初動で一部切られ、
    値戻りで一部の利確と両建てで損を限定して一安心できました。
    この作業が年末に出来ていれば今朝全てきれいに出来たはずで、こうして悪癖を一つ一つ取り除いて今年は月利を上げて行くのが目標です。お元気でお過ごしください!

  2. より:

    あけましておめでとうございます

    いつもyukiさんの記事は、読ませて頂いてます。

    私も始めた頃、同じ気持ちで取り組み、全く
    同じ気持ちで何度も挫けそうになりましたが、今回のクラッシュ相場で生き返ることが出来ました٩(^ᴗ^)۶

    自身を取り戻せたので、一年前の負けていた頃の過信状態ではなく、勝って兜の緒を閉めろと言う気持ちで今年も生きながら経たいと思います(^-^)

    どうぞ今年もよろしくお願いします。

    • Yuki より:

      ありがとうございます(^^♪

      こちらこそ宜しくお願い致します< (_ _*)>

      頑張っていきましょうね(^_-)-☆

  3. 大島さくら より:

    私の生きる目的は人生の勝利者に成ることです。「成功できる」「FXで勝てる」と言い切る癖を付けて下さい。
    は私の一番好きな言葉です。思想的で毎日励まされております。負けて落ち込んでいるだけの人に成功は難しいです。
    負けたときは原因を調査し改善し新たな気持ちで挑戦していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.