YukiのFX相場予測♪

新しい自分

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

人間は独りで生きていくことはできません。

 

誰かと一緒に考えて、誰かを助けて、誰かに助けてもらいます。

 

ですが、成功する人は独りの時間を大切にします。

 

別に特別な空間や部屋で独りの時間を作る必要はありません。

 

通勤や通学、ランチやショッピングに至るまで、自分だけの時間を有効に使う事が大切です。

 

毎日忙しく過ごす時間の中で、自分の存在を考える時間を持っていますか?

 

「今まで何をしてきたのか?」「これから何をしたいのか?」「自分は何のために生まれてきたのか?」

 

この質問は、第三者に質問しても答えは返ってきません。

 

自分にしか答える事ができない大切な質問を自分に投げかけて下さい。

 

孤独な時間は寂しい時間と思われがちですが、孤独は必要のない付き合いから解放して、真の姿を映し出すと言われています。

 

他人の評価を全て捨てて、孤独という自分だけの時間を楽しんでみて下さい。

 

その自由な感覚が本来の自分の姿であり、ストレスのない状態です。

 

周りに人が居ると、どうしても意識を他に集中してしまい、目の前の事に集中できないという人も多いと思います。

 

誰かの動きに気を取られない環境は、集中力を高める事に繋がります。

 

誰かと一緒に居ると、生活のタイミングを合わせる必要があります。

 

その点独りの時間には、全ての決定を自分自身が行えるというメリットが生まれます。

 

散歩に行くのも良いですし、カフェで読書や映画に行くのも良いです。

 

空腹でもないのにランチに行く必要もなく、全てが自分の決定で進みます。

 

こうする事によって、意志が強くなっていきます。

 

誰も側にいない独りの時間は孤独を感じます。

 

心細くなったり、誰かの声を聞きたくもなります。

 

そんな時に誰を思い浮かべますか?

 

離れて暮らす両親を思い出すのであれば、電話をすれば良いです。

 

大好きな恋人が恋しくなれば、次のデートはとても貴重な時間になると思います。

 

独りの時間に思い浮かべる人は、自分にとって大切な存在です。

 

私達は孤独の瞬間に初めて自分を感じる事ができます。

 

孤独を感じる事ができて、初めて自分は他人との違いを理解します。

 

だから私たちは孤独を使いこなして、最高のモノを生み出さなければいけません。

 

最上の思考は孤独の内にできて、最低の思考は混乱の内にできます。

 

多くの人は自分と向き合っていません。

 

自分と向き合うという事は「自分の事を知る」という事になります。

 

自分に足りないモノに気付けます。

 

そして、独りだと何にもペースを乱される事はないので、足りないモノに気付ければ、それを改善する時間もあります。

 

1つでも改善できたり、目標が達成できれば「自分ってもしかして何でもできるのではないのか?」という気持ちが出てきます。

 

これが「自信」です。

 

悪く言えばナルシストです。

 

ですが、それは他人から見た場合です。

 

自分ではそう思っていればいいんです。

 

短所も長所もイコールです。

 

ナルシストで言うと、自分に自信がある人の事を指しますよね?

 

自分に自信がなくて、なよなよして「何も未来を変えようとしない」「できない」「無理」という否定的な人よりは良いと思います。

 

外見のナルシストはあまり良くありません。

 

これは今の自分で満足している状態なので、進歩しません。

 

ナルシストは「自信」という部分で長所です。

 

長所と短所はイコールなんです。

 

全て捉え方でしかありません。

 

自分が短所だと思っている事を正当化できる言い訳を考えて下さい。

 

これを考える事によって、多方面からのモノの見方ができるようになりますし、頭も柔軟になります。

 

「ブス」という一言に対しても、「世界に30億人以上の女がいる中での数千人程度の女しか見てないのに、統計データが甘いから主観の基準で決められても困る」とか「自分がB専なだけじゃない?」等色々な角度で自分を守る事ができます。

 

この数が多ければ多いほど、頭が柔軟になっていっているという証拠です。

 

トレーニングに近いかもしれませんが、言葉遊びだったり、口喧嘩が弱かったり、いじられキャラの人がこれを言うと、いじりキャラの人がいじられになったりするので笑いが取れたり、色々な面で変化が出てきます。

 

口喧嘩が弱いという人は、こういう多方面からのモノの見方ができないだけです。

 

まずは、自分の短所を正当化する事をしてみて下さい。

 

そうすれば、自分の長所も見えてくるはずです。

 

そうすれば、新しい自分になれると思います。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.