YukiのFX相場予測♪

2019/04/22 ドル円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆
カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


ドル円の4時間足チャートです(‘ω’)ノ

 

4時間足のエリオット波動は現在、ダウントレンドのエリオット波動の第2波だと思ってます(^^♪

 

ぜんぜぇ~~~動きませんね”(-“”-)”

 

嵐の前の静けさですかね?

 

感覚や雰囲気で相場を見るなら、上昇しそうですが、あくまでレンジなので感覚なんて当てになりません。

 

テクニカル分析をせずに感覚でトレードしている方は、ポジポジして今日だけでもたくさん負けているのではないでしょうか?

 

1回の負けが小さくても、10回20回と損切りを続ければそれは大きな金額になります。

 

統計論のテクニカル分析ツールでトレードしている方も分析できずに、騙しの連続でポジポジして負けているのではないでしょうか?

 

この相場の場合、「トレードしない」が正解です。

 

ただこの相場で利益を取ろうと思えば、レンジというのを前提に置いて、トレンドに乗ろうとせずに、レンジ幅でレジスタンスラインとサポートラインでスキャルピングでトレードを繰り返すしかありません。

 

テクニカル分析ツールだけでトレードしていると分かると思いますが、テクニカル分析ツールはレンジに弱いです。

 

基本的にはトレンドで利益を取りますよね?

 

トレンドを狙っているのであれば、レンジは無視するべきだと思います。

 

レンジで利益を取ろうと思ったら、トレンドを狙わないで下さい。

 

どこで利益を取るかはちゃんと決めて、その通りにトレードして下さい!(^^)!

 

私はトレンドでの利益しか狙っていないので、レンジは第2波 or 第4波に位置しているのだと認識する程度で、トレードはしません。

 

トレンドで利益を取るのか、レンジで利益を取るのかは事前に決めて、それ用のポジションを持って下さい。

 

どこで利益を取るのかという前提を持っていないから、ポジポジ病&損切り貧乏になるんです。

 

ここだけはちゃんと芯を持って、ブレないようにして下さいね(^_-)-☆

 

テクニカル分析では、ドル円は下落だと思ってます(´▽`*)

 

エリオット波動が第2波というのは、単純にレンジだからです( *´艸`)

 

売り目線だというのは、スイス円がイレギュラーではない限り、下落の台本が確定しているからです!(^^)!

 

他のクロス円の4時間足をエリオット波動で見て頂ければ分かると思いますが、ドル円以外はダウントレンドのエリオット波動の第4波だと思います。

 

つまり、ドル円は1番遅れている遅行銘柄という事です。

 

遅行銘柄という事は、先行銘柄は「もう下落している」という事に対して遅れているので、ドル円も後で下落していくという考えになります(^^♪

 

ただ、騙しでも何でもどんな理由ででも、オレンジのラインを超えれば買い目線に変更する可能性があります。

 

買い目線に変更する事が確定ではない事に理由があります。

 

オリジナルレポートを取得されている方は理解して頂けると思いますが、ポンド円が147.00を超える上昇にならなければいけません。

 

そして、この場合スイス円とNZドル円はイレギュラーです。

 

イレギュラーはもちろんいつでも想定しておかなければいけませんが、ちょっと色々と無理矢理過ぎだという分析結果になりませんか?

 

なので、私は今の分析がしっくり来るので、ダウントレンドのエリオット波動が始まっていて、現在は第2波だという認識にしています(^_-)-☆

 

第2波という事は、エリオット波動理論の3大ルールで「第1波の安値(高値)を割る(超える)事はない」というルールがあるので、オレンジのラインは超えないと思ってます( *´艸`)

 

そして、オリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析では、オレンジのラインをこのまま超えない場合、ピンクのラインを割る下落になるという事になっています。

 

つまり、オレンジのラインを超えれば私の今の台本が崩れますが、今の台本通りに動くのであれば、オレンジのラインを超える事はなく、ピンクのラインを割る下落になる可能性が高いという事です(´▽`*)

 

この分析プロセスが分かっていれば、どこに逆指値を置けば良いか分かりますよね?

 

そして、どのタイミングでこの台本が崩れるか分かりますよね?

 

オリジナルレポートを取得されている方は、こういう考え方で台本を作る能力を身に付けていって下さいね(^_-)-☆

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+214pipsです(´▽`*)

 

加ドル円のヘッド&ショルダー形成待ちか、ユーロ円の戻し待ちか、本当にただただ気迷い相場なのかは知りませんが、相場のトレンドの結論は上記の分析の通りです(^_-)-☆

 

私はトレンドで利益を取るトレードをしているので、相場の結論に合わせてトレードしています。

 

なので、相場が動かない事にはポジションが変わる事もありません。

 

この相場でポジションが変わるのは、スキャルピングトレードかデイトレードをされている方だけだと思います。

 

私と同じようにトレンドを狙ったトレードをしている方の中で、ポジションがコロコロ変わっていたら、それはポジポジ病&損切り貧乏の可能性が高いです。

 

 

このレンジ相場だけを見て、どっちに行くか分からないのは当然です。

 

相場が気迷っているので、それを分析する方も気迷います!(^^)!

 

分析の正解を言ってしまえば、気迷っている事が正解です。

 

これは、狭い視野で分析した場合ですけどね(^_-)-☆

 

狭い視野というのは、4時間足より短い時間足のチャートしか見ていない事です。

 

広い視野を持っている方は、環境認識までできていると思います(^^♪

 

近くを見て分析ができないのであれば、一歩下がって広い景色から分析をしていくのも大切だと思います!(^^)!

 

私も初心者の頃はポジポジ病&損切り貧乏という病気にかかっていたこともあるので、気持ちはもの凄い分かります。

 

ですが、それではFXは勝てないんです。

 

落ち着いてトレードをしていって下さい(^^♪

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2019年現在の獲得pipsは+2589pipsです。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像

Comment

  1. 笹沼 和秀 より:

    いつも拝見させて頂いております
    セントラル短資の口座開設サイトから銀行口座登録で支店の選択から先が反応せず進みません
    支店名選択も支店番号選択もその先には行けません、お調べ願えませんでしょうか

    • Yuki より:

      すみませんがそちらに関しましては、セントラル短資FXさんへのお問い合わせをお願い致します< (_ _*)>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.