YukiのFX相場予測♪

お金が無い所からお金を創る方法

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

今はアイデアをお金に変えれる時代です。

 

アメリカでベンチャーがこれだけ成功している理由の1つとして、アイデアにお金を出す投資家が多い事が挙げられます。

 

まさに、今はアイデアが通貨になっていて、アイデアをお金に変えれる時代だと言えます。

 

一般的な投資を含めて、お金を出したがっている人というのは意外といるので、それこそクラウドファンディングのような一般の人からお金を集めるという事もあります。

 

東浩紀さんと津田大介さんが、約1ヶ月間チェルノブイリへ取材に行く数百万円の経費をクラウドファンディングで集めたそうです。

 

そして、それによって出版された本は2万部ぐらい売れたようです。

 

最初はそこにお金が無くても、色々なノウハウやアイデア、東さんと津田さんの人気や知名度が後押しして、お金が集まってきたという、良いケーススタディになる事例だと思います。

 

また、もう1つの事例としては、子供の時に生活保護を受けていたというある女性が、生活保護についての雑誌を創刊したいという事で、やはりクラウドファンディングでお金を集めたところ、あっという間に目標額が集まり、その雑誌が立ち上がったという話もあります。

 

このような事例を分析すると、いくら手元に貯蓄がなくても、チャレンジする脳というのは誰もが持っているという事です。

 

元々お金に関する制度というのは、皆がチャレンジする事を前提にリスクをどう分かち合うかという事が元で生まれてきています。

 

付け加えれば、お金というのは本来そういうものでなければいけないのです。

 

大学という教育機関においても、その歴史を紐解いていくと、それぞれ学者が色々な研究や勉強をしていたのですが、それを学生たちが「ここに凄い学者がいるから学びたい」という事でクラウドファンディングに近い形で学生がお金を出し合って自然発生的に生まれたのです。

 

そのような原点に戻れば、大学にしても会社にしても、チャレンジの為の安全基地になるはずです。

 

ところが、それが現在のように何か確率したものになってしまうと、徐々に過保護型になってきてしまうのです。

 

学歴優先社会、あるいは一流企業のブランドに頼ってしまう事で、もし会社が傾いてしまったり、リストラされるかもしれない時にどのように対処するのでしょうか?

 

そう考えれば、この過保護型の偽りである安全基地は何の保証にもなっていない事が分かるはずです。

 

おそらく、多くの人の認識の中には「何だかんだ言っても、良い大学を出ていなければ話にならないでしょう」「一流企業であれば、終身雇用みたいなのがあるのではないか」というものがあるかもしれません。

 

ですが、この過保護型の安全基地というのは「接近戦」にはある程度の対応が可能かもしれませんが、距離が遠くなると役に立たない事があります。

 

分かりやすく言えば、いくら東大のような一流大学を出たとしても、それは日本では通用しますが、外国に行ったらまったく通用しないという事です。

 

それは企業でも同じです。

 

余程の国際的ブランド企業でない限り、日本で大企業といったところで、グローバルの土俵ではお金を生み出す事はできません。

 

現代でお金を生み出すもの。

 

それは個人や企業の発想力、つまりはアイデアなのです。

 

発想力もアイデアも、知識という材料を思考という道具を使ってどう料理するかで生まれます。

 

何でも思考が伴わないと稼ぐ事が難しいのです。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.