YukiのFX相場予測♪

「成長」に必要な3つの栄養

2019/10/07
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

稼げる自分になる為に、あらかじめ用意しておくべきものに「成長できる仕組み」があります。

 

自分なりの成長できる仕組みを持っておけば、それが日々の成長速度を上げ、よりゴールへと到着しやすくする為です。

 

稼げている人は必ず、自分がどのくらいのスピードで成長できているのかを気にしています。

 

自分が成長すればするほど、短期間で目標を達成できるようになり、より大きな目標へと向かう事ができるためです。

 

稼いでいる人は成長速度が速く、逆に稼げていない人は成長速度が遅いというのは、肌感覚として、多くの人に理解しやすいと思います。

 

そしてそれが、時間の経過とともに大きな差となっていきます。

 

実は成長の仕方というのは、それほど沢山種類があるわけではありません。

 

大抵の人は、自らの経験から課題を見つけ、アイデアを出し、改善していく事によって成長しています。

 

こうした流れのことを、一般的に「PDCAサイクル」といいます。

 

PDCAとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の略称で、改善や問題解決の基本とされています。

 

人の成長においても、このPDCAサイクルが使えるのですが、私はよりシンプルな定義として「AIDサイクル」を推奨しています。

 

AIDとは、「Analyze(分析)」「Idea(アイデア)」「Do(実行)」のことです。

 

PDCAの場合、Planを経由していないタスクや、「思い立ったら行動」タイプの仕事をする人には使いづらいという点や、DoとActionが機能的に似ているなど必ずしも柔軟なツールではないと考えています。

 

そこで、AIDという3つの機能にまとめた方が、よりシンプルなプロセスに改善され、使いやすくなります。

 

とくに革新的な発想が求められるビジネスの分野では、ロジカルに考える左脳的思考より、クリエイティブな右脳的思考が必要な場合があります。

 

PDCAよりもアイデア出しを促進することで、よりクリエイティブ性を引き出し、ロジカル偏重の日本的な働き方を改革しようという狙いも含まれています。

 

AIDによる一連のサイクルは、右脳的思考を誘発してくれます。

 

現状を分析し、アイデアを創出し、実行に移していくことで、既存の方法では対処できないクリエイティブ性が求められる問題にも対応できるようになります。

 

それぞれの手順をより掘り下げてみましょう。

 

まずAnalyzeでは、自分が置かれている状況を把握し、現状を分析していきます。

 

これまでできたこと、できなかったこと、今後課題になりそうなことなどを客観的に分析するのがポイントです。

 

できていないことがあれば、その原因まで調査します。

 

次にIdeaでは、具体的な改善策を考えていきます。

 

ここでは、箇条書きでいいので思いつくままに改善策を挙げていきましょう。

 

質より量が大事です。

 

どれだけくだらないものでも問題ありません。

 

この作業が、クリエイティブな発想を誘発し、斬新なアイデアを生み出します。

 

これが、PDCAにはない創造的な新機能となります。

 

これらの過程を経て、最後にDoへと至ります。

 

創出したアイデアから、行動に移せるものを実行していきます。

 

行動を経て、また、Analyzeに戻り、再度分析・アイデア創出・実行というサイクルを回していきます。

 

こうした流れの速度を上げていくことで、成長スピードも上がっていきます。

 

AIDによって、「分析力(ロジカル)」「アイデア力(クリエイティブ)」「実行力(アクション)」という3つのスキルが融合し、「左脳」と「右脳」と「足」が三位一体となって成長、そして成果へと結び付けることができます。

 

今の自分をより良くするために、また、より大きな成長を求めていくためには、成長の仕組みが必要です。

 

AIDのような一連の成長サイクルが、自分にこれまで以上の成長をもたらします。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.