YukiのFX相場予測♪

「才能がある人」の共通点

2019/10/22
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

「才能」とは、何だと思いますか?

 

才能という言葉は、わりと使いやすい言葉です。

 

「才能があれば良かった」「もともと才能に恵まれている」「才能を伸ばしたい」「やっぱり才能がない」・・・。

 

上手くいった時、上手くいかない時、急に成績が伸びた時、赤点を取った時、自分の子供に期待をかける時、人が成功して羨ましい時、失敗を悔やむ時、思い返してみると、なかなか使う頻度の高い言葉ではないでしょうか。

 

才能という言葉について説明してください。

 

と言われたら、「持って生まれた、優れた能力」といったニュアンスになる人が多いと思います。

 

実際に『日本国語大辞典』で引いてみると「生まれつきの能力。また、その働きの優れていること。才幹。」と書いてあります。

 

一方、『大辞林』で引くと「物事をうまく成し遂げる優れた能力。技術・学問・芸能などについての素質や能力。」とあります。

 

「素質」というのは生まれつき備わっている性質のことなので、やはり「才能」は生まれつきのものなのか、と思うでしょうか。

 

多くの人は「やっぱり才能って、生まれた時に決まっているんじゃないか」「結局、最初から才能を持っていなければ無理じゃないか」と言いたくなると思います。

 

しかし、その考え方は半分正しく、半分間違っています。

 

今すぐその考えを無くしたほうが、人生はとても楽しく、明るくなります。

 

才能とは、生まれつきの能力だ。

 

この一文に違和感を覚える人はいないと思います。

 

しかし正確に言うと「才能=能力」ではありません。

 

「能力」というのは、コツコツと努力を続けられれば、誰にでも身に付けることができます。

 

この「能力」が高まっていくと、人よりも飛び出たり、尖ったりする部分が出てきてやがてそこが「才能」として認められるようになるのです。

 

「才」という字は、「飛び出てきた、尖った」という意味合いを持つ文字です。

 

ということは、能力の飛び出た部分が「才能」であり、天が与えた、飛び出た部分がある人が「天才」ということになります。

 

いわゆる「才能がある」と言われている人達がいます。

 

彼ら、彼女らには共通点があります。

 

それは、みんな努力をしているということです。

 

多くの人は、”あまり努力をしなくてもできてしまう人”のことを「才能がある」と言いがちです。

 

人間というのは他の動物に比べて本質的にもともと頭が良く、脳の構造から見てもとても優秀です。

 

つまり全ての人が、優秀と言われる可能性をもともと持っています。

 

だとしたら、一体どこで差がつくのでしょうか。

 

自分に合ってない、ふさわしくない場所でいくら頑張っても、物事は身に付きません。

 

「才能がある」と言われている人達は、”その人に合った”動機付けがまずあって、そこから”正しいやり方”を選んで、”コツコツと努力”を積み重ねています。

 

そしてきっちりと結果を出して、その時に初めて「才能がある」という状態になります。

 

正確に言えば、「才能がある」と”言われる”ようになります。

 

周りの人達は、その人が”努力してきた部分”をすっ飛ばし、目に見えている結果だけを見て「才能は生まれつきだから」と頭ごなしに決めつけてしまいます。

 

しかし、それは間違いです。

 

「氷山の一角」という言葉がありますが、水面よりも上に出ている部分は、全体の1割だと言われています。

 

その下の9割に、血の滲むような努力があってこそ、氷は浮いていられるのです。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.