YukiのFX相場予測♪

数年で達人になれる理由

2019/10/30
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

武道の達人と言われる人たちは、大体4~5年でその道をマスターすると言われています。

 

達人といえば、”老人”というイメージを持っている方が多いと思います。

 

しかし、実際のところ”伝統的な達人”たちは、遅くても20代後半くらいまでには、既に達人になる素地ができています。

 

実は、「一般道場生」と「後継者」は学ぶ体系が違います。

 

具体的にどれくらい違うのか、柔道を例にして説明します。

 

柔道の「技」には、一本背負い、内股、背負い投げなどがありますが、道場へ入るとまず受け身から習い、自由に技をかけ合う”乱取り”などを行って、技を磨いていきます。

 

こうして一般道場生は、ひたすら「技の練習」をします。

 

しかし後継者候補には、早々に「術を教える」のだそうです。

 

最初は一般道場生として入ってきても、見込みのある人達というのは、技の練習を見ていると分かるのだそうです。

 

技の習得が早く、どんどん上達していく。

 

上達が早いというのには理由があります。

 

そういう人は、技の練習をする中で、ちょっとしたコツに気付くのです。

 

それが「術」の始まりです。

 

達人というのは、そういった「術」を総合的・体系的に身につけた人です。

 

力ずくで投げ飛ばそうと思っても、そう簡単にはできません。

 

しかし相手が押してきた力を利用したり、自分の体重を左から右に瞬時に移動させたりすると、相手のバランスが崩れるタイミングがあります。

 

そのタイミングで技をかけると、あっさり決まります。

 

柔道における「術」は、”相手が崩れた瞬間に技をかける”という「崩し」にあります。

 

後継者候補の人達は、達人たちからこれを教え込まれます。

 

相手の体勢が崩れた瞬間を狙えば、技をかけなくても、そっと押すだけでも倒れてしまうものです。

 

「膝カックン」をやったことは誰でもあると思います。

 

まさにこれは、重心がズレる、体勢が崩れる瞬間を作る、狙う、ということなのです。

 

これは全ての武道に通じるものです。

 

一般道場生は「技」を何度も何度も練習していって、ようやく「術」を身につけていきます。

 

強くなるまでに数十年はかかります。

 

しかし後継者は、まず「術」から学んで「技」を磨きます。

 

なので数年で達人になることができるのです。

 

技術の話を別の例で考えてみます。

 

フィギュアスケートの四回転ジャンプや100メートル走のタイムで10秒を切るということが、少し前まではクリアできる人が居なかったのに、今はクリアできています。

 

これは不思議なことに、1人ができるようになると、クリアできる人がその後に次々と出てきます。

 

これも「技術」です。

 

「できるんだ!」ということが分かると、既に「技」を持つ彼らは、できる人を徹底的に研究して「術」を導き出し(コーチなどの指導者の力も借り)、普通の人にとっては”あり得ない目標”のクリアへと向かうことができるのです。

 

「できると思っていたら、いつかできる」「できないと思っていたら、そもそもできない」ということを説明する時、「卵の話」をします。

 

「この卵を立てて下さい」

 

と言われたらどうしますか?

 

「コロンブスの卵」という有名な逸話を知っている人は、殻の一部を少しだけ割って立てることを思いつくかもしれません。

 

ですが、「割ってはいけません」と言われたらどうしますか?

 

実は、微調整すれば卵は立ちます。

 

しかし、それを知らなければ卵が立つとは思わないのではないでしょうか。

 

何度かトライしてできなければ、「やっぱり無理」と諦めてしまうと思います。

 

しかし、卵が立つことを知っている人は、何回でも、立つまでトライできます。

 

誰かが成功すると、できる人が続出するのは、それが理由です。

 

成功する人を見るまでは、「技」を磨くことはしているけれど、「術に到達していなかった」「術があると知らなかった」状況だったのだと思います。

 

そこで成功者が現れると、「術」に向き合うことになります。

 

「技」だけなら、普通の人。

 

その先へ行きたいと思うなら、「術」を知り、体得することが重要です。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.