YukiのFX相場予測♪

人への伝え方

2019/11/05
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

人に何かを教える上で「前提の確認」が非常に大切です。

 

前提の確認をしないまま指導してしまうと、どんどんズレが生じてしまうからです。

 

そもそも”前提”というのは何なのでしょうか?

 

私たちは人に会うと「こんにちは」と言います。

 

これも当然ながら「前提」があって発している言葉です。

 

この場合の前提は「日本にいる人のほどんどが日本語で話す」ということで、この前提をお互いが共有しているからこそ、「こんにちは」と言います。

 

しかし、伝わっていると思っているのは自分だけで、実際は伝わっていないとしたらどうしますか?

 

「前提」が少しでも違っていたら、その先のコミュニケーションが破綻したり、多少通じてもミス・コミュニケーション(伝達の失敗)が起きることが避けられません。

 

「伝わっていない」のに、30分間、話を続けたら。

 

どんな結果になるか、すぐ分かると思います。

 

最初に「前提」を必ず確認し、そして次は「タイトル」を伝えます。

 

「今日何を話すのか」について伝えるのものが、タイトルです。

 

芸人さんが面白エピソードを披露する『人志松本のすべらない話』という番組があります。

 

芸人さんは話が本当に上手だと感心するのですが、なぜあんなに引き込まれてしまうのでしょうか。

 

分析してみると、1番最初に「この前ね、そんなこと本当にある!?って思った話なんですけど」という風に、聞く人の注意を惹いているのです。

 

その上で、「おばあちゃんが電車に乗ってきたんですけど、あるわけないやん、というものを持っていたんですよ」というような感じで、その話の”おとしどころ”、”メインになるところ”を早々に言ってしまうのです。

 

この場合、「信じられないような話をしますよ」というのが「前提の確認」です。

 

その後にくる、その話の”おとしどころ”、”メイン”が「タイトル」です。

 

「タイトル」を言ってしまってから、話がいよいよスタートします。

 

「朝起きてコーヒーを飲みに行こう、と思って家を出たんです」と始まります。

 

やがて「でね、電車に乗ったんです」なんて話し始めます。

 

ここまで聞くと、「あ、そろそろおばあちゃんが出てくるな、話の山場も近いな」と分かりますよね。

 

先にタイトルを言っておくと、聞き手はクライマックスがどのあたりかの予測がつくので、「ここはまだ導入だな」とか「これは布石かな?」など推測しながら話を聞けます。

 

タイトルというのは、すごく重要なのです。

 

実際、電車というワードが出てきただけで、期待してドキドキします。

 

でも、もし重要なポイントが分からなければ、どこでドキドキしていいのか分からないし、話のポイントを絞れないので、聞いてるうちに飽きてしまう可能性もあります。

 

せっかく山場が近付いているのに気持ちが盛り上がらないのです。

 

タイトルを先に言うというのは、「今日の話の中で、これが重要なドキドキポイントですよ」「この話が出てきたら集中してください」というのを前もって教えているという事です。

 

なので、これをあらかじめ言っておくのが、人を夢中にさせるコツです。

 

本屋さんで本を選ぶ時、どのようにして選んでいますか?

 

1つ1つ手に取って、内容を見るでしょうか。

 

ほとんどの場合、本のタイトルに惹かれて本を手に取るのではないでしょうか。

 

タイトルが良くなくても中身が素晴らしい本はありますが、ほとんどの場合タイトルが良くなければ、購入意欲は湧かないと思います。

 

「前提の共有」と「良いタイトルをつけること」

 

この2つが人と繋がるコツです。

 

前提とタイトルをしっかり”伝える”ことで、人との繋がりを大事にして下さい。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.