YukiのFX相場予測♪

運の要素

2019/11/29
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

投資の最後の要素は、「運」です。

 

「運」という言葉を使うと、スピリチュアルな概念ともとられがちなので、敬遠する人がいると思います。

 

イギリスの心理学者、リチャード・ワイズマンによる研究で、「自分は運が良い」と感じている50人と、「自分はついていない」と感じている50人を比べた実験が行われました。

 

2つのグループに、それぞれコイン投げテストをしたところ、結果はどちらも表を出す確立は同じでした。

 

次に、新聞を渡して、制限時間以内に新聞の中の写真の数を数えるテストをしました。

 

すると、ついていないと思っているグループは全員が不正解だったにも関わらず、運が良いグループの人たちは5秒ほどで正解に辿り着いたのです。

 

なぜこのような結果になったのでしょうか。

 

実は、新聞を開いたところの見出しに、「数えるのをやめて下さい。この新聞には43枚の写真があります。」と答えが書かれていたのです。

 

ついていないと思っている人たちは、言われた通りに夢中で写真を探していたため、答えが見えなかったのです。

 

一方で、運が良いと思っている人たちは、視野が広く、チャンスを見つけることができたのです。

 

つまり、ちょっとした意識の差があったか、なかったかだけでした。

 

チャンスは確率的に誰にも平等にやってきます。

 

そして、「きっとチャンスがある」「うまくいくはずだ」とポジティブに思っている人は、無意識にチャンスを手繰り寄せることができるのです。

 

実際に採用面接で、「あなたは運が良いほう?悪いほう?」と聞く企業もあるそうです。

 

そういった企業は、運が良いと思っている人のほうが成果を出す確立が高いことを、経験的に知っているのだと思います。

 

「運が良い」と思うと、成功した時に「自分の実力だ」と勘違いして傲慢になってしまう人がいます。

 

たまたま良い目が出た可能性があるので、油断しないように、成功した時は「所詮は運だから」と思うようにして下さい。

 

一方で、ダメだったとしても、もちろん適切には反省しますが、「所詮は運だから」と落ち込み過ぎないように、やるべきことをやるように頭を切り替えます。

 

最善を尽くしたからといって成功できるわけではないです。

 

最終的には運が支配していることを理解しつつ、淡々と努力をし続ける必要があります。

 

投資の世界では、自分が信じた企業を長く「待つ」必要があります。

 

しかし、今の時代は、スマホやネットの影響で待つことが難しくなっています。

 

良いか悪いかを短期的に判断してしまい、情報に振り回される人がたくさんいます。

 

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。

 

うまくいくだろうと思っていても失敗することがありますし、ダメだと思っていてもうまくいくことがあります。

 

「一生懸命やったのに、ダメじゃないか」と、失望感を抱かないためにも、「運」に対する考えは必要です。

 

なぜなら、失敗した後のリカバリーが利くからです。

 

また、成功した経営者は、「運が良かった」という口癖の人が多いです。

 

逆に、「成功したのは自分の実力だ」と傲慢に考える経営者ほど、その成功は長続きしません。

 

うまくいっている時は、全てが自分の実力なのではなく、様々な要素が絡み合っていることがほとんどです。

 

その状況を客観視できていると、おのずと「運が良い」という言葉が口をついて出てきます。

 

投資家のように考えられる人になるために、自分の中に「主体性」を養い、「時間」と「お金」の使い方に自覚的になり、「運」の流れに身を任せながら人生の「決断」をしましょう。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆
友だち追加


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2019 All Rights Reserved.