YukiのFX相場予測♪

仕事ができない人の特徴

2020/02/28
 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


 

社会に出ると、すぐに分かることがあります。

 

それは、本当に凄い人というのは、ややボーッとしたように見えるということです。

 

この場合、”やや”の具合が大切になってくるのですが、きちっとし過ぎていない、という表現が一番しっくりくるかもしれません。

 

決して不潔な身なりではないものの、服装や体裁を整えることに使うエネルギーよりも、授かった才能を発揮するために使うエネルギーが、遥かに上回っているからです。

 

これは、社内外のビジネスパーソンにも一致します。

 

必要を超えてきちっとしている人はせいぜい二流、多くの場合は三流です。

 

きちっとした部分を評価してもらえないと拗ねてしまう一方、肝心な実力はおろそかです。

 

実力がないのに見た目で評価してもらおうというのは、あまりにも自分勝手です。

 

その自分勝手さが、才能を発揮して一流になれない原因の1つです。

 

例えば、ネクタイを首元まできちっと締めている人は、大体、その組織で一番仕事ができる人ではありません。

 

「一番仕事ができる人」に憧れている、仕事のできない人が多いのです。

 

これは、決してネクタイを首元まできちっと締めてはいけないという意味ではありません。

 

ネクタイを首元まできちっと締めて、「私は偉い」という暑苦しい雰囲気を漂わせると、相手から見限られてしまうという話です。

 

このような暑苦しい人は、自分同様に首元までネクタイを締めていない人を見ると、「あいつはダメだ!」と気分を害してしまうことが多いです。

 

場合によっては取引先であろうと、目上の相手であろうと説教をしてしまいます。

 

結果を出している人に、自分流を押し付けようとするのです。

 

テストに書かれた字は丁寧で上手ですが、肝心な点数がイマイチな人に似ています。

 

自分よりも字が雑で汚いけれど、点数が自分よりも良い人のことを、「字が汚いくせに」とプライドが邪魔をして許すことができない人たちです。

 

点数が良い人からすれば、読める範囲の字の汚さなら点数には関係ないので、「負け惜しみ」でしかありません。

 

現在のビジネスシーンではネクタイをする人が随分と減りましたが、仕事のできる人はネクタイをしていない人が圧倒的に多いです。

 

つまり、「過剰にきちっとした相手は要注意」です。

 

自分流を押し付けられるだけでなく、一流になるための力を削り取られてしまいます。

 

必要以上にきちっとするのはエネルギーの無駄でしかありません。

 

自分の才能を発揮することに意識を集中させて下さい。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2020 All Rights Reserved.