YukiのFX相場予測♪

2020/06/28 ポンド円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


多くの方が不労所得が得れるシステムを作りました!(^^)!
1日でも早くFX専業トレーダーになって下さい!!
不労所得が欲しい方はこちら↓↓↓


Yukiが実際に使っているテクニカル分析無料で公開しています( *´艸`)

私が使っているテクニカル分析が知りたい方はこちら↓↓↓


究極のトレードテクニックが知りたい方はこちら↓↓↓


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


ポンド円の週足チャートです(‘ω’)ノ

 

週足のエリオット波動は現在、ダウントレンドのエリオット波動の第4波だと思ってます!(^^)!

 

第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析は、ピンクのラインが区切りポイントです。

 

ピンクのラインが区切りポイントなので、現段階では、まだダウントレンドの形を形成する可能性が高い状況です。

まだアップトレンドが継続をして高値更新をしていくのであれば、アップトレンドの形を形成する可能性があります。

 

週足では台本は絞れません。

 

なので、他の時間足の分析から絞っていかなければいけません。

 

月足では、ドル円の月足がダウントレンドの形になる可能性が高い状況で、まだ安値更新をしていません。

 

つまり、月足が安値更新をする可能性が高いので、今回の週足はダウントレンドの形を形成する可能性が高いと思っています。

 

日足がダウントレンドへ反転している可能性があり、日足が既にダウントレンドへ反転しているのであれば、日足はダウントレンドの形を形成する可能性が高い状況です。

 

今回、4時間足は既にダウントレンドの形を形成しています。

 

なので、日足がダウントレンドへ反転している可能性が高いです。

 

日足の先行銘柄は、アップトレンドの形を形成する可能性が高い状況ですが、日足の遅行銘柄はダウントレンドの形を形成する可能性が高い状況です。

 

つまり、日足の遅行銘柄の日足がダウントレンドの形を形成する可能性が高いので、オレンジのラインは週足の天井の可能性があるという事です。

 

日足がダウントレンドの形を形成すると、ダウ理論上、ダウントレンドへ反転したという認識になるので、日足がダウントレンドの形を形成すると週足の天井を疑う事になります。

 

週足のエリオット波動もダウントレンドの第4波なので、次は第5波の下落があります。

 

オレンジのラインが週足の天井の場合、第1弾オリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析では、ダウントレンドの形を形成する可能性が高いので、今回の第5波はフェイラーしないと思います。

 

つまり、このままピンクのラインを割る下落があるという事です。

 

4時間足がダウントレンドの形を形成して、日足が天井を付けている可能性あり、その日足の天井を第1弾のオリジナルレポートでしかお伝えしていないテクニカル分析で見るとダウントレンドの形を形成する可能性が高い時点で、この台本になる可能性は高いです。

 

なので、売り目線です。

 

トレードとしてはショートエントリー狙いですが、日足の先行銘柄の日足がアップトレンドへの反転ポイントに入ったので、短期ではロングエントリーをしても良いと思います。

 

ただ、上記の台本から、ピンクのラインを割る可能性が高い事が分かるので、ロングはショートのリスクヘッジとしてトレードするか、4時間足でのトレードにした方が良いと思います。

 

中期はショート狙いのトレードですが、オレンジのラインが週足の天井の可能性が高くなるのは、日足がダウントレンドの形を確定してからです。

 

つまり、確定を待ってからショートをするのは遅くて、現段階では100%週足の天井になるとは言えない状況です。

 

という事は、ショートエントリーをしたとしても100%週足のダウントレンドに乗れるかどうかは不確かだという事です。

なので、リスクヘッジとして、損切りにラインに近い所でショートエントリーをする事が重要です。

 

損切りラインは、4時間足の天井です。

 

損切りラインからエントリーが遠くなってしまった場合は、ポジションサイズを小さくしたりすると、リスクは軽減されます。

 

相場の動きに対するリスクヘッジだけではなく、自分のポジション操作でもリスクヘッジをして下さい。

 

この2つができるようになる事で、FXで利益を上げ続ける事できます。

 

FXで稼ごうと思っているのであれば、身に付けて下さい。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+3188pipsです(´▽`*)

 

人間には、驚くべき「削除機能」が備わっています。

 

私たちの身の回りでは、絶えず色々なことが起こっていますが、私たちはある特定のことだけに神経を集中させることができます。

 

人間が一時に精神を集中させて「意識的にできること」はそう多くありません。

 

つまり脳は、何を優先すべきかを考えながら、何を無視するか、何を「削除」するかを一生懸命判断しているのです。

 

例えば、「君も僕と同じで、このプロジェクトにはうんざりだろ」と言われると、脳はプロジェクトのうんざりすることに焦点を当て始め、面白い部分は意識から削除してしまいます。

 

すると、プロジェクトの嫌な所が目につき始めて、本当にうんざりした気分になります。

 

一方で、「このプロジェクトはすごい。これが成功すれば世の中が変わると思いませんか」と言われれば、退屈だと思っていたプロジェクトを見る目が変わるかもしれません。

 

つまり、「人の目には探しているものしか見えない」ということです。

 

腹が立った時は、「二度とこういうことが起きないように、この失敗から何を学べばいいのか」と自問自答するのが一番いいです。

 

問題そのものに目を奪われるのではなく、失敗を二度と繰り返さないための新たな可能性に目を向けさせてくれるからです。

 

例えば、会社が赤字に転落した時、周囲の人は口をそろえて「破産申請をしろ」と言ってきます。

 

どの部門から売却するか、従業員には誰が話すのか、ということを真っ先に聞いてきます。

 

そんななかで会社が続いていくには、周りのアドバイスに耳を貸すのではなく、「どうすれば会社を建て直せるか」と自問することです。

 

そしてその次の質問は、もっと事態を前向きに捉えたものにするのです。

 

「会社を建て直し、もう一段レベルの高い、今まで以上に影響力の大きな会社にするにはどうすればいいか」

 

よりよい質問をすれば、よりよい答えが返ってくるはずだと信じているからこその質問です。

 

とくにビジネスの世界では、質問によって新しい世界が開けたり、思いがけない自分の能力に気づかされたりすることがあります。

 

自分はどういう人間で、どういう能力があって、夢を実現するために何をするつもりなのか。

 

そういう質問が、みなさんの人となりを作り上げていくのです。

 

忘れてはいけないのは、思い込みのせいで、するべき質問をしないままになってしまうことがあるということです。

 

周りの人から「絶対に無理だ」と言われれば、「どうすれば立て直せるか」という問いかけをやめてしまう人も多いと思います。

 

限定的な質問に終始していると、答えも限定的なものしか出てきません。

 

よい質問をし続ければ、必ず良い答えは得られます。

 

「自分にできることは何か」だけに意識を集中させて、質問を考えて下さい。

 

FD-FXのトレード成績です(‘ω’)ノ

 

先週の利益は+10万3172円でした。

 

2020年のFD-FXでの利益は現在+396万4517円です。

 

では、失礼しまぁ~~~す(@^^)/~~~

 

2020年現在の獲得pipsは+12954pipsです。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2020 All Rights Reserved.