YukiのFX相場予測♪

2021/5/30 豪ドル円の相場予測♪

 
FX専業トレーダーのゆきです(‘ω’)ノ
よろしくお願いしますm(__)m


記事を読む前に応援クリックして頂けると、と~~~っても嬉しいです(*´ω`*)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

通貨ペア別で、カテゴリを分けているので、1日に数記事更新するかもしれないので、分析が見たい通貨ペアのカテゴリをクリックして下さい(^_-)-☆

カテゴリは、サイドバーにあります('◇')ゞ


MAMのフォワードテストのトレード結果です(‘ω’)ノ

※証拠金は100万円スタートです。

 

先週の利益は+2万8847円でした。

 

2021年の獲得利益は現在+128万6545円です。

 

豪ドル円の4時間足チャートです(‘ω’)ノ

 

4時間足のエリオット波動は現在、カウントが難しいので省きます!(^^)!

 

サイクル理論は、ピンクのラインが起点です。

 

ピンクのラインが起点で、現時点ではオレンジのラインの高値を24本目に付けています。

 

なので、現段階では4時間足のサイクルはレフトトランスレーションを形成する可能性が高い状況となっています。

 

このままオレンジのラインを超える上昇をせずに下落していくのであれば、ピンクのラインを割る下落になる可能性が高いという事です。

 

これからオレンジのラインを超える上昇をして35本以上で高値を付けるのであれば、ライトトランスレーションを形成する可能性が高くなります。

 

では、今回の4時間足はライトトランスレーションを形成する可能性が高いのか、レフトトランスレーションを形成する可能性が高いのか?

 

現段階では判断は難しいです。

 

なぜ判断が難しいのか?

 

現在クロス円の4時間足サイクルは各銘柄ダウントレンドへの反転ポイントに入っています。

 

ドル円とユーロ円と豪ドル円以外のクロス円は、ライトトランスレーションを形成する可能性が高い所まで上昇しています。

 

なので、4時間足のオレンジのラインの高値でダウントレンドへ反転している可能性も十分に考えられます。

 

ドル円とユーロ円と豪ドル円以外のクロス円の銘柄は、ライトトランスレーションを形成する可能性が高い所まで上昇しているので、ダウントレンドへの反転ポイントに入っています。

 

ポンド円やスイス円等が下落をして、豪ドル円やユーロ円が上昇するという動き方をする可能性が低いので、ポンド円やスイス円がダウントレンドへの反転ポイントに入っているのであれば、豪ドル円やユーロ円もダウントレンドへの反転ポイントに入っていると言えます。

 

つまり、オレンジのラインの高値でダウントレンドへ反転している可能性があるという事です。

 

豪ドル円はオレンジのラインでダウントレンドへ反転している場合は、レフトトランスレーションを形成していく可能性が高いです。

 

なので、今回の4時間足のダウントレンドでピンクのラインを割る下落をする可能性が高い状況にあるという事です。

 

まだ4時間足のサイクルでレフトトランスレーションを確定させている銘柄は無いので、ポンド円やNZドル円やスイス円等の4時間足サイクルはライトトランスレーションを形成する可能性が高い所まで上昇しているので、ポンド円やスイス円等に寄った動きになるのであれば、ライトトランスレーションを形成する可能性が高くなる所まで上昇していく可能性も十分にあります。

 

なので、今回4時間足のサイクルがライトトランスレーションを形成するのか、レフトトランスレーションを形成するのかは現時点では断定できません。

 

日足のサイクルの起点は83.93で、今回の4時間足のサイクルの起点は83.97で4pipsしか差がありません。

 

なので、今回の4時間足のサイクルでレフトトランスレーションを形成する場合は、日足のサイクルもレフトトランスレーションを形成する可能性も考えられます。

 

つまり、今回の4時間足サイクルがレフトトランスレーションを形成する場合は、豪ドル円が先行して、4時間足のサイクルと日足のサイクルがレフトトランスレーションを確定する可能性があるという事です。

 

日足でレフトトランスレーションを形成するという事は、週足がダウントレンドへ反転している可能性が高いという情報にまで繋がります。

 

なので、今回の豪ドル円の4時間足のサイクルの動き方次第では、クロス円の中期の台本が判断できるかもしれないので、豪ドル円の4時間足と日足に注目して下さい。

 

トレードとしては、オレンジのラインでダウントレンドへ反転している可能性があるので、オレンジのライン付近でショートエントリーを狙っていけると良いと思います。

 

ただ、4時間足のサイクルの起点をまだ割っていないので、レフトトランスレーションは確定していません。

 

なので、これからオレンジのラインを超える上昇をする可能性は十分にあります。

 

リスクヘッジの為、オレンジのライン付近で以外ショートエントリーしないようにして下さい。

 

ロングエントリーは、買い目線であっても売り目線であってもエントリーポイントではないので、ロングエントリーは控えて下さい。

 

現在のポジションです(‘ω’)ノ

 

現在の含み益は+785pipsです(*´▽`*)

 

2021年現在の獲得pipsは+2736pipsです。

 

2020年の獲得pipsは+17578pipsでした。

 

2019年の獲得pipsは+11537pipsでした。

 

2018年の獲得pipsは+21078pipsでした。

 



※私は投資を強要している訳では無いので、投資は自己責任でお願いします。 クレーム等は一切受け付けていないので宜しくお願い致します♪

【テクニカル分析の考え方】
①理論は100%当たるので、理論に基づいて分析をする。

②論理的思考で分析をする。

③「なぜ、上がるのか」「なぜ、下がるのか」を理論に基づいて解く。

【相場を当てる為に重要な事】
相場分析の精度が低いのには理由があります。

1番大きな理由としては、深堀りができていません。

深堀りするには、「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」と何度も何度も問いかけないといけません。

これはいつも言っている、手法の「使い方」の部分です。

勝っている人と同じ手法を使っても勝てるようにはなりません。

FXは専門職であり、技術職です。

どういう状況の場合にどんな道具を使い、その道具をちゃんと使いこなせるのか?

これがもの凄くテクニカル分析では重要な事です。

キャベツの千切りをする時には何を使いますか?

包丁ですよね?

はさみやカッターは使わないと思います。

でも包丁が使いこなせない人は、キャベツの千切りも太かったり、切るのが遅かったりします。

包丁を使うスキルが無ければ、ピーラーやスライサーを使った方が早いかもしれません。

でも、一流の料理人は皆包丁を使って、ピーラーやスライサーを使う人より細くて綺麗で速くキャベツの千切りをします。

結局、一流の人と同じものを持ってもそれを使いこなす能力がなければ、一流にはなれないんです

これはFXでも同じです。

なので、手法という道具を手に入れたとしても、その道具の使い方のスキルが備わっていなければ、その手法は使えません。

テクニカル分析で手法の使い方の土台となるのが、「なぜ」や「どうして」の部分です

この思考が持てない限り、精度の高いテクニカル分析をするのは不可能に近いと思います。

なので、まずは常に「なぜ、そうなるのか」「どうして、そうなるのか」を常に考える癖を付けて下さい。

これができるようになれば、テクニカル分析の土台の考え方ができるので、まずはこの思考を身に付けて下さい。

これもFXのスキルの1つなので、これを身に付けれない人にFX専業トレーダーは難しいと思います。


記事が良いなと思ったら、ポチッやっちゃってぇ~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村


ゆきと友達になってくれた方限定で、テクニカル分析のエントリーシグナルについての無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントやFXでの生き残り方も配信しています(^_-)-☆


上記の無料レポートとは別に、毎月無料レポートをLINE@の友達登録とTwitterでフォローしてくださっている方限定で配信しています( *´艸`)


ツイッターのフォローもよろしくお願いします('◇')ゞ
ゆき ツイッターフォロー画像


私のサブブログはこちら↓↓↓


サブブログでは、こちらのメインブログで公開していない銘柄の分析を公開しています!(^^)!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YukiのFX相場予測♪ , 2021 All Rights Reserved.